繰り返すと、本丸虎口の小さな角馬出、そして、本丸を囲む小さく浅い堀、それは本丸を特別な空間として、他の曲輪との間に差別化をはかっているのではなかろうか。
小さな角馬出は本丸虎口の儀礼的装飾であり、本丸周囲に掘られた小さな堀も本丸だけに特別に設けられた儀礼的装飾ではなかろうか。
本丸の差別化、つまり本丸はただの城の中心曲輪というだけでなく、そこが特別な空間であることを意味している。
この菩提山城の本丸に入るべき人物は特別な人物であることを何より示しているのである。
ここから、菩提山城本丸に入ることを期待されていた人物はそれなりの高い位をもち、大軍を率いることのできる重要な人物であったということになる。
実は、この儀礼的・装飾的な虎口は、関ケ原の松尾山城本丸の櫓台を伴った枡形虎口、垂井の南宮山山頂入り口の櫓台・土塁を伴った虎口に共通に見られる特徴なのである。
そこから、南宮山、松尾山城、菩提山城の三つの城は、身分の高い特別な人物、つまりVIPを入れることを想定して築かれたものであったと推定される。
菩提山城に入ることを想定されていた人物とはいったい誰だったのであろうか。

(角馬出から本丸への土橋)