以下の縄張り図は作手村に残る奥平氏の居城亀山城です。
かつては、奥平氏の居城であったものが武田氏によって手を加えられ、武田氏の城となっていましたが、長篠の戦い後、徳川方となって、再び作手に戻ってきた奥平氏は亀山城を再び改修したようです。
それでも、武田氏が手を加えたと思われる箇所が随所に残っています。
戦国と近世の縄張りを残す亀山城はその意味でも興味深い城だといえます。