(府内城天守復元図)

前回ご紹介した大分市内にある府内城は本丸の堀が埋め立てられたせいで、現在の縄張りに鋭さは見えませんが、大きな天守台はかなり迫力があります。
この上に立っていたのが、上図の四層の天守閣です。
破風はなく、華美さはありませんが、もし現存していたとしたらかなりの迫力があったことは間違いありません。
絶対に大分の名所になっていたことでしょう。