歴史研究家 三池純正の公式ブログです。

Blog

湧き水を城に運んだ?桐原城

前回の続きですが、図の中で、興味を引くのは、桐原城のある尾根の背後、北西の方向の尾根上に湧水が湧く池のような場所があり、そこから水を城に引いていることである。 このような城の図は他に見たことがなく、大変興味をそそられた。 …

腹痛がもたらしたヒント

長野県松本市の郊外に桐原城という戦国時代の山城の跡がある。 城山の標高は九四八メートルと高いが、山麓からの比高は二〇〇メートルでそう高い山には見えない。 この城は追倉沢と海岸寺沢という二つの沢に挟まれた尾根上に築かれてお …

今月のNHK学園

今月のNHK学園「三池純正の歴史講座」は、「豊臣秀吉の天下構想」と題して、受講生の皆様と一緒に学びました。 先月の「織田信長の天下構想」がまだ後半部分が残っておりましたので、それを補いながら話を進めて参りましたが、「小牧 …

城を水辺に築く理由

武田信玄が川中島支配の拠点として築いた海津城(長野県長野市)は千曲川河岸に築かれていた。 また、信玄がその後に築いた長沼城(同)も海津城より上流の同じく千曲川河岸に築かれていた。 それは一つには千曲川を城の堀として軍事的 …

城を重要視した信玄

「人は石垣、人は城、情けは味方、仇は敵なり」 これは武田流軍学の書『甲陽軍鑑』にある信玄が語ったという有名な言葉である。つまり、「武田家にとっては人の材こそが最も重要でそれは城に匹敵する」という意味合いの含蓄ある言葉であ …

PAGETOP
Copyright © 三池純正公式ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.