歴史研究家 三池純正の公式ブログです。

Blog

佐和山城天守は想像図か

 彦根藩が江戸時代に行った聞書によれば佐和山城の天守は「五重」であったといい、その点が少し食い違ってはいたが、少なくとも、その外観は「大坂の陣屏風」に描かれている大坂城の天守を小さくしたような桃山風のしゃれた建物であり、 …

「社頭古絵図」の佐和山城

何回かの押し問答の中で筆者がわざわざ東京からこの絵図を見るためだけに神社を訪れたことを知った神官は「負けた」という顔をして、「普段はこんなことは絶対にしないんですが、今回は例外中の例外、本当に特別ですからね。」と何回も念 …

多賀大社「社頭古絵図」

多賀大社は西明寺のある甲良町からさらに東に三キロほどいった多賀町にある滋賀県随一の神社で「伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)と「伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)」を祭神としている。 ここに向かったのは、『彦根市史』の中 …

幻の佐和山城天守閣を探し求めて

そこで、私は三成時代のこの幻の佐和山城天守閣を探し求めて、この二つの寺社に足を運んだ。 まず最初に訪れたのは彦根市から五キロほど南に位置する滋賀県犬上郡甲良町にある湖東三山の名刹西明寺である。この西明寺には江戸時代 中期 …

佐和山城の雄姿1

 佐和山城については、江戸時代中期の享保十二年(一七二七)に彦根藩主井伊家が家臣たちに命じて城の伝承についての聞き取り調査を行わせている。  それによると、佐和山山頂には約八メートルほどの石垣が築かれ、その上には五層の天 …

PAGETOP
Copyright © 三池純正公式ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.