歴史研究家 三池純正の公式ブログです。

Blog

海津城(4)

 『長野県町村誌』によれば、清野氏は海津城西の鞍骨山頂に築かれていた鞍骨城を本拠としていたが、武田氏により鞍骨城を落とされ天文22年村上義清とともに越後に走ったとされている。  その時点で鞍骨城は武田氏の手に移り、清野氏 …

海津城(3)

 『更科埴科郡地方誌』は香坂氏が築いた海津城の場所を宝永三年(一七〇六)に完成した『つちくれ鏡』という書の「清野屋敷と云うは今大蓮院殿の霊屋と大林寺の間なりしと云なり」との文を根拠にして現在松代町松代にある大英寺と大林寺 …

海津城(2)

これより少し前の同年六月一五日の香坂筑前守への書状にも「在城」に対する奉公として、更科郡横田に三百貫の地を宛外うとあり、この城も海津城だと考えられている。 この香坂筑前守は『更科埴科郡地方誌』によれば、海津城築城にかかわ …

千曲川水系の拠点 海津城その1

 武田信玄の川中島における一代拠点であった海津城はその跡がそのまま近世の松代城につながっているため、武田時代の詳しい構造は分からない。  また、松代城そのものも江戸時代、千曲川の洪水などで度々被害を受けたため、何度か改修 …

天空の池の発見

以前、滝山城「千畳敷」の北側は樹木が生い茂り、眼下にわずかに多摩川の清流が見える程度で、そんなに景観はよくはなかった。 しかし、先のNPOの皆さんがが樹木を伐採し、草を刈ってくれたお陰で景観は一変してしまった。 眼下には …

PAGETOP
Copyright © 三池純正公式ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.